加工技術
ガンドリル深穴加工

ガンドリルマシンは、ドリル内部に切削油の流路があり、高圧の切削油をドリル先端に供給し切削された切屑は外周に設けたV溝を通り切削油と共に排出します。
一般のドリル加工と違いステップフィード方式をとることがないため、真円度、円筒度、真直度、面粗度が良好です。
当社は一般的なフロア型(加工物固定)ガンドリルマシンはもちろん 両回転型(ドリル・加工物が相対回転)ガンドリルマシンも設備しており、より高精度の深穴加工を行なっております。
図
イメージ イメージ イメージ
【スペック】
φ5~φ32×4,500L(フロア型)
【スペック】
φ5~φ32×1,800L(両回転型)
【スペック】
φ5~φ4,400L(両回転型)

 

 主な加工設備 加工径×加工長 台数
ガンドリル深穴加工機(フロア型) φ5~φ32×2300mm 1台
ガンドリル深穴加工機(フロア型) φ5~φ35×4500mm 1台
ガンドリル深穴加工機(両回転型) φ5~φ32×1800mm 1台
ガンドリル深穴加工機(両回転型) φ5×φ32×4500mm 1台
各種シャフト
スピンドル
ヒータープレート
冷却プレート
製品例 製品例 製品例
BTA深孔明加工
ガンドリル深穴加工
CNC施盤加工
left_copy
最新鋭の設備を揃え、プロフェッショナルとして様々なご要望にお応えします。

お問い合わせはこちらから
電話でのお問い合わせ 052-822-4054
photo